blog
blog

blog

【秋採用ブログ】入社3年目業務の広がりについて(2014年S職入社遠藤)

こんにちは、平成会計社の遠藤と申します。新卒で入社し、現在入社3年目で今年は公認会計士の修了試験の受験の年となります。新卒入社から3年で自分が行ってきた業務を振り返りつつ皆様に「平成会計社での業務の広がり」についてお伝えできればと思います!

【1年目】
会計士、税理士の先輩方の下で基本を教えてもらいながら業務にあたっていました。
税理士法人としてオーソドックスな通り一遍の税務業務(法人税、消費税、所得税の申告業務、法定調書の作成、償却資産税の申告、記帳代行業務等)ももちろんこなしたのですが、上場会社の決算短信や有価証券報告書等の開示書類の作成サポートを行ったり、上場不動産会社のサブ連結決算資料を作成したり、上場会社の税金計算レビュー業務を行ったり、海外投資ファンドのCFC税制の検討を行ったりなどといった会計士試験合格者ならではの業務も多くさせてもらったのを覚えています。とにかく不慣れで仕事に時間はかかるわ、覚えることはいっぱいだわで大変だったのは覚えているのですが・・・、1年目にこんなにたくさんの経験ができたのは自分の財産だと思います。

【2年目】
基本的な業務の流れは1年目で経験でき一通りは掴めたので、2年目は有資格者としての業務が増えた1年間でした。オーナ会社様のグループ内再編のコンサル業務であったり、デューデリジェンス、バリュエーションといった業務にも携わらせていただきました。また、上場REITの中心的な存在として自分が作成した数値に責任を負う立場にもなりました。他にはお客様の所へ単身で訪問させていただくような機会も増え、一人の会計人としての責任と自覚とやりがいを持って業務ができた1年間でした。

【3年目】
入社3年目の今年は1~2年目に経験したことを活かしつつ、より前線でお客様とコミュニケーションをとることが多くなったなと感じています。印象的な業務としては、オーナー会社様の事業承継の一環として、MBO(マネジメントバイアウト)のサポートをさせていただいたことです。有資格者として、より会社様や個人のお客様とかなり近い立ち位置でお仕事をさせていただきました。これは監査法人等ではなかなか経験しづらい弊社ならではの業務だったと思います。また内部監査室設立サポート業務といった業務も経験でき、会計士としての幅を日々広げられているのではないかなと思います。

【最後に】
現在は上場会社を主担当とするチームの一員として日々業務に取り組んでおります。
上場会社様からはレベルの高い相談や業務を請け負うことも多く、まだまだ勉強不足を感じておりますが、成長を日々確実に実感しております。せっかく会計士になったのだから第三者の立場としてではなく近い立場で仕事がしたい!人にありがとうといわれる仕事がしたい!若いうちから多種多様な業務を経験したい!などの想いを持った方にとってはこの上ない経験ができる法人だと思います。ぜひ一緒にお仕事できる日を楽しみにしております!

D5A_4328

投稿日: 2016.10.25