blog
blog

blog

【秋採用ブログ】修了考査と業務の両立、合格後の広がり(2013年S職入社松崎)

皆さん、こんにちは。入社4年目の松崎純輝です。
今回は終了考査の勉強時間確保の方法と合格後の業務の広がりについてお話したいと思います。

【終了考査の勉強時間確保の方法】
最初は人事が修了考査約4ヶ月前に試験に向けてのスケジュールの立て方や上司との業務調整などについてガイダンスを行ってくれます。その直後から、上司と試験休暇をいつ取得するのかについての調整を始めました。その時いよいよ試験が迫ってくるのを実感したことを覚えています。自分は、修了考査の約2ヶ月前から勉強を始めました。人によって勉強を開始する時期は異なってくると思いますが、平日は通常業務があるため、勉強する時間はなかなか確保できないと思います。そのため、修了考査の2週間前までは、主に休日に勉強していました。勉強方法としては、独学では合格は難しいと思ったので専門学校の講座を申込み、授業を聞いたり、予想問題を解きました。修了考査の2週間前からは、お休みをもらいましたので勉強に集中することができました。修了考査に限らず試験前になると、周りの方が業務の調整を行ってくれて勉強に専念できる環境作りに積極的に協力してくれます。そのため、絶対合格しないと!という思いで勉強しました。

【合格後の業務の広がり】
合格して間もないので、業務内容が大きく変わったわけではありませんが、年次を重ねるにつれ、クライアントと直接やりとりする機会はどんどん増えてきていて、任せてもらえる仕事の質や量も変わってきています。例えば、最近では上場会社の決算作業の主担当として、会計入力、税額計算、開示資料の作成を行いました。自分の出来る業務や経験が増えていることを日々実感することが出来ています。
平成会計社での業務は会計だけでなく、税務や経営の側面から判断を求められることが多いです。僕は、この環境にいることが会計士の資格を最大限に活かせることが出来ると思います。

D5A_3165

投稿日: 2016.11.11

公認会計士短答式試験 会場発表!

みなさん、こんにちは。平成会計社の採用担当です。
公認会計士短答式試験の受験会場が発表されましたね。
関東財務局管轄では下記2会場となります。受験生の皆様はどちらでしたでしょうか?

早稲田大学(早稲田キャンパス)
住  所:新宿区西早稲田1丁目6番1号
アクセス:東京メトロ 東西線「早稲田駅」より徒歩約5分
東京メトロ 副都心線「西早稲田駅」より徒歩約17分
JR 山手線・西武線「高田馬場駅」より徒歩約20分

明治大学(和泉キャンパス)
住 所:杉並区永福1丁目9番1号
アクセス:京王線、井の頭線、都営新宿線(京王新線直通)「明大前駅」より徒歩5分

詳細の地図等は公認会計士・監査審査会のホームページに記載がありますのでご確認ください!

(別紙) 平成29年公認会計士試験短答式式試験の試験場

(参考) 各試験場の案内

当日は「平成会計社ミントタブレット」を配布しております!

FullSizeRender

ぜひ試験中のリフレッシュにご活用ください^^

投稿日: 2016.11.09

【秋採用ブログ】入社3年目業務の広がりについて(2014年S職入社遠藤)

こんにちは、平成会計社の遠藤と申します。新卒で入社し、現在入社3年目で今年は公認会計士の修了試験の受験の年となります。新卒入社から3年で自分が行ってきた業務を振り返りつつ皆様に「平成会計社での業務の広がり」についてお伝えできればと思います!

【1年目】
会計士、税理士の先輩方の下で基本を教えてもらいながら業務にあたっていました。
税理士法人としてオーソドックスな通り一遍の税務業務(法人税、消費税、所得税の申告業務、法定調書の作成、償却資産税の申告、記帳代行業務等)ももちろんこなしたのですが、上場会社の決算短信や有価証券報告書等の開示書類の作成サポートを行ったり、上場不動産会社のサブ連結決算資料を作成したり、上場会社の税金計算レビュー業務を行ったり、海外投資ファンドのCFC税制の検討を行ったりなどといった会計士試験合格者ならではの業務も多くさせてもらったのを覚えています。とにかく不慣れで仕事に時間はかかるわ、覚えることはいっぱいだわで大変だったのは覚えているのですが・・・、1年目にこんなにたくさんの経験ができたのは自分の財産だと思います。

【2年目】
基本的な業務の流れは1年目で経験でき一通りは掴めたので、2年目は有資格者としての業務が増えた1年間でした。オーナ会社様のグループ内再編のコンサル業務であったり、デューデリジェンス、バリュエーションといった業務にも携わらせていただきました。また、上場REITの中心的な存在として自分が作成した数値に責任を負う立場にもなりました。他にはお客様の所へ単身で訪問させていただくような機会も増え、一人の会計人としての責任と自覚とやりがいを持って業務ができた1年間でした。

【3年目】
入社3年目の今年は1~2年目に経験したことを活かしつつ、より前線でお客様とコミュニケーションをとることが多くなったなと感じています。印象的な業務としては、オーナー会社様の事業承継の一環として、MBO(マネジメントバイアウト)のサポートをさせていただいたことです。有資格者として、より会社様や個人のお客様とかなり近い立ち位置でお仕事をさせていただきました。これは監査法人等ではなかなか経験しづらい弊社ならではの業務だったと思います。また内部監査室設立サポート業務といった業務も経験でき、会計士としての幅を日々広げられているのではないかなと思います。

【最後に】
現在は上場会社を主担当とするチームの一員として日々業務に取り組んでおります。
上場会社様からはレベルの高い相談や業務を請け負うことも多く、まだまだ勉強不足を感じておりますが、成長を日々確実に実感しております。せっかく会計士になったのだから第三者の立場としてではなく近い立場で仕事がしたい!人にありがとうといわれる仕事がしたい!若いうちから多種多様な業務を経験したい!などの想いを持った方にとってはこの上ない経験ができる法人だと思います。ぜひ一緒にお仕事できる日を楽しみにしております!

D5A_4328

投稿日: 2016.10.25

【秋採用ブログ】就活性必見!書類選考を確実に通過する履歴書、エントリーシートの書き方

皆さん、こんにちは。
平成会計社の採用担当です。

今日は、就活生必見!書類選考を通過する履歴書、
エントリーシートの書き方についてお伝えします。

人事の採用担当として応募書類を日々見るのですが、
「もったいなぁ・・・」と思う書類がパラパラあるのが実情。

ではどこを直せばよいのでしょうか??

ポイントは3点あります。

①履歴書の写真はスーツ(ジャケット)着用で!
また、写真をカットして貼るときも細心の注意を!!

履歴書を見るとカジュアルな服装で写真をとっている人、たまにいます。
面接にはスーツでくるのですが、「この人、常識ないのかな?」と思ってしまいます。

また、写真の切り方が雑な人。これ、結構います。
「仕事も雑なんだろうな・・」とマイナスイメージを与えてしまいますので、こちらも注意が必要です。

②字が汚いのと雑に書くのは違う

字が汚いことがコンプレックスの方、いるかもしれません。
でもそれでも丁寧に書いているのか、雑に書いているのかは見る人が見れば分かります。
事前に準備する応募書類は一字一字丁寧に書くことを心がけましょう。

③エントリーシートはエピソードのインパクトよりも起承転結がしっかりしていて、
何が言いたいのかが伝わる文章を!

自分は特待生で勉強を頑張りました!学内の選抜で交換留学しました!
いずれも大変素晴らしいエピソードです。きっとそのためにいっぱい努力され、手にした結果だと思います。

でも採用担当が見ている箇所はそこだけではありません。
文章がきちんとまとまっているか、結論は何なのかがきちんと伝わるか、というところです。

是非、これから応募書類を書く方は参考にしてください!

投稿日: 2016.10.21

【秋採用ブログ】仕事のやりがい、感謝されること(2014年S職入社柿崎)

皆さん、こんにちは。昨年の4月に入社しました柿崎達也です。私は北海道大学在学中に公認会計士試験論文式試験に合格しました。入社前は漠然と「監査法人へ行くんだろうな」と思っていたのですが、毎年秋に行われる公認会計士協会主催の説明会で「よりお客様の立場に近い存在として仕事ができる」という話を平成会計社のリクルーターの方から聞き、「人に感謝される仕事がしたい!」という思いがあったことから、当社への入社を決意しました。

【業務内容について】
はじめはNPO法人の税務申告を担当し、事業会社、医療法人等徐々に業務領域を広げていきました。最近ではDDやAUP等の業務も担当する機会もありました。平成会計社の良さは規模も業種も様々なクライアントを抱えており、自分からアピールしていけば、間違いなくやりたい仕事に携われる所です。今後も色々な業務にチャレンジし会計士として成長していきたいと思います!

【仕事のやりがい】
入社してすぐの頃は、与えられた仕事をこなすことで精一杯でした。だから、成果物を完成させること自体にやりがいを感じていました。ただ、仕事をしていく中で成果物を完成させることはお客様にとってそれは当然のことだと気づき、次第に“+α”一歩踏み込んだご提案をして感謝して貰えることがやりがいになっていきました。例えば、業務フローの簡素化などのご提案をすると非常に喜んで頂けます。今は仕事をするときは「お客様を意識すること」を常に心がけています。自分がお客様の立場に立った時にどのような提案や成果物が「対応してもらって良かった」と思えるのか、を意識することで自分が目指している「人に感謝される仕事」ができる会計士になれると考えているからです。

【今後の目標】
今後の目標は、一日でも早く一人前の会計士・税理士になることです。来年には修了考査がありますので、まずはそれに向けての勉強と、合わせて実務の方もコンサル業務等新しい業務にチャレンジしていきたいです。最終的には当社の経営目標であるAll Round Playerになって、より多くの人に感謝される人間になりたいと思っています。

D5A_3381

投稿日: 2016.10.20

Page 5 of 30« First...«34567»...Last »