hsk
HSKを知る

業務内容

※各見出しをクリックすると業務の詳細をご覧頂けます。

決算・連結・開示

大企業や上場企業のクライアントに対し、近年の複雑化・高度化した会計基準のもとでクライアントが正確な財務情報を期限内に提供できる体制の構築・運用を支援するため、決算作業のアウトソーシングからマニュアルの策定まで様々なサービスを提供しております。

アウトソーシング業務

伝票処理はもちろんのこと、伝票作成、税務申告書の作成、節税を含んだ決算対策を提案すると共に、決算作業そのものを行います。また、給与・社会保険計算の事務作業などにも幅広く対応。会社の税務戦略や決算対策など、専門家ならではの計算のアドバイスや手続きもします。

J-REIT・SPC会計受託業務

不動産のSPCは不動産証券化のために設立される特別な会社のことであり、それ以外の事業はできず、経理などの透明性が格別に要求される会社です。平成会計社ではSPCの設立から出納業務などの会計業務、解散手続きまで一連の流れをサポート。お客様の保有資産のオフバランスを実現します。そして、SPCの出口としての不動産投資信託(REIT)の会計事務受託も税理士法人として日本で最も多く受託しています。

事業再生・再編

メガバンクや地方銀行・信用金庫などの金融支援を前提とした再生案件から、それを前提としないまでも金融機関における格付け維持又はアップのためのサポートを行うなど様々なサービスを提供しています。また、企業の組織再編の手法としては、合併・分割・株式交換など様々な手法があります。その中でお客様のニーズを最優先し、手法の検討段階におけるアドバイザリーサービスの提供から、その後の実行フェーズにおいてもサポートします。

M&A

M&Aは会社法の施行・税制改正などにより、MBO目的のTBOをはじめ、会社分割や事業譲渡など様々な手法を選択できるようになりました。そのような状況の中、セラーサイド・バイサイドどちらのアドバイザーになるかにより、またその目的により最適と考えられる手法を掲示します。企業の状況把握・分析をもとにビジネス面・財務面・税務面から幅広くアドバイスを行い、M&A成立に向けたサポートを展開します。

事業継承・相続

事業継承の問題は、継続企業にとって非常に大きな影響を及ぼすにも関わらず、多くの企業において対応が遅れているのが現状です。平成会計社では、創業者様のニーズを汲み取り、後継者・ビジネス・財務・税務面など、あらゆる側面から問題を検出し、解決していきます。また、資産税や相続税の対策もサポートし、税務の知識のみならず、関連する様々な事象を総合的に勘案し、提案を行っていきます。

ヘルスケアに関わるコンサルティング業務

医療法人の設立サポートや、実際に経営していくための経理サポートはもちろん、規模拡大のための医療法人のM&A、そしてお客様自身やお客様の家族を含めたフィナンシャル・プランニングなどのトータルサポートを行います。また、給与・社会保険計算などのサービスも提供しています。医療機関も大きくなればなるほど、不正や誤謬の発生する危険性が高まります。経理システムをはじめとした最も合理的な内部統制組織を提案も行っています。

国際会計税務

現地マーケットの参入調査・商品市場調査・現地活動場所のリサーチをはじめ、会社設立サポートを行います。また、国ごとに固有の会計基準や税法が存在するため、日本との差異として生ずる会計・税務のサポートも行います。その他人事に関わる業務や本社への連絡・移転価格税制対策を通して、進出企業を幅広く支援します。

IPO

上場に向けて、社内体制の整備・業務プロセスの見直し支援・登録申請書・公開審査回答書などの作成・支援などを行います。また、IR支援や有価証券報告書の作成補助など公開後においてもアウトソーシングを含めてバックアップします。上場に向けて、当社とお付き合いのある証券会社や監査法人のご紹介も行っています。上場前から上場後までサポートします。

内部統制・J-SOX

一言で内部統制の構築と言ってもその作業の負荷は膨大であり、一筋縄ではいきません。平成会計社では内部統制の構築・評価・運用までの各フェーズにおいて全般的にプロジェクトを支援します。特に、株式上場を目指している企業向けには、プロジェクトチームの立ち上げから内部統制報告書作成までフルパッケージでのサポートを行います。