hsk
HSKを知る

経営理念

HSKスタンスの根源

High Quality

私たちは目的を同じくする者が集まっており、その目的はお客様に対して会社として最高水準のサービスを提供することであると考えています。コンプライアンス違反はもとより、社会を裏切るような行為があってはならないことは当然であり、間接的ではあっても、お客様及び当グループのステーク・ホルダーを通じて、社会に貢献していかなければならないと考えているのです。

Workers First

この理念を支えているのは、当グループの組織に対する考え方であると思います。個人主義的な考え方ではなく、多数の人々が集うことにより初めて成しえる仕事を大切にすることで、充実した会社組織が形成され、そしてお客様から会社、会社から個人へと、様々な便益が提供される良い関係と循環が創造されていきます。
より具体的には、

  1. 多数の人々が集うことにより、より大きな仕事、一流企業からの依頼等、規模のメリットが生成されること。
  2. 個人主義的な仕事の進め方ではなく、多数の同僚とのノウハウ・時間を共有することにより、効率的な業務運営が成されること。
  3. 多種多様なスキル・経験を持つ人々とのコラボレーションにより、大きなシナジー効果をもたらすこと。

です。この組織体制により、当グループに集う人々は、精神的に満足できる仕事に従事することができ、結果として会社も経済的にも成長することができるのです。

さて、このような良い循環を生み出すためには、ここに集う人々の価値観や将来のビジョン、仕事や組織に対する考え方が概ね同じであることが必要です。もちろん、すべてのことに完全に一致した人々が集うことは現実的ではありません。しかし、核となる部分では共通のベクトルを持っていることが大切なのです。

経営目標

HSKのチャレンジスピリッツ

First Class

それでは一流とは何でしょうか。
一流の意味は、価値観により人それぞれ異なっていると思います。しかし、次の二つについては、価値観を共有し、それを目指して努力していきたいと考えています。

  1. 職業専門家あるいはワーカーとして、最先端の仕事や他の同業者では成しえない高度な能力を要する業務を、最高の品質を保ちつつ実行すること。
  2. 同時に、同業界のみならず全ての企業と比して、最高水準の給与を得ること。

この二つの目標は、高い収益性と安定性のいずれもが存在して達成できるものと考えられます。
高い収益性については、ほとんどの独立した職業専門家が凌ぎを削っている中小零細企業をお客様とする市場だけではなく、そのような職業専門家が数少ない市場に参入することにより、初めて達成できるものです。私たちはこうした収益性の高い市場に活躍の場を求めています。こうした市場における業務は、高度な能力を要求されることが多く、まさに一流の仕事をしているということを実感できるものです。

また私たちは、収益性のみならず、安定性も追及していきます。お客様と永くお付き合いができるような業務の獲得を最重要目標としているのです。一時的な高報酬を得て終わりではなく、継続的なサービス提供ができることが重要であると考えています。

この目標の達成が、同時に会社全体の成長を促進することになるのです。

All Round Player

会計や税法は全てが連関しており、一つ一つが独立して完結するものではありません。私たちは、各事業部がある分野に専門特化するのではなく、どの事業部も様々な規模・業務のお客様を擁し担当しています。どの事業部に属していても、OJTを通じて全員に多種多様な経験を積んでもらおうと考え、また数多くの社内研修を経験し、幅広いスキルを身につけてもらおうと考えています。

さらに、事業部を横断して最先端の専門性の高い業務に係る研究グループを組成しており、そのグループに所属することにより、さらなるスキルを身につけることが可能な組織体制です。
また、真のAll Round Playerとは、会計や税法といった分野の人材にとどまらず、企業の経営管理者や経営者にもなれる人材を意味しており、より高次な人材になることも視野に入れた目標なのです。
人材こそが会社のもっとも重要な財産と位置付け、人の成長が会社の成長を促し、それが個人に還元されるという循環を重視し、私たちは人材育成を大きな目標としています。