blog
blog

blog

【税理士定期採用】振り返りと人事の思い

こんにちは。平成会計社の採用担当です。
しばらく天気の悪い日が続いておりましたが、夏らしい陽気が戻ってきましたね。

税理士試験を受験された皆さん、お疲れさまでした!
私たちは8月11日(金)と12日(土)に予備校様主催の合同就職説明会に参加しました。
結果、中途入社の方も含めて9月から8名の仲間が入社することになりました!

8名に入社を決めた理由を聞いてみて、共通することが2つ。
1つは「幅広く、様々な業務に携わる機会があり、可能性を感じたから。」
これは入社する方の多くが挙げている理由です。

平成会計社には大企業をはじめとした様々なクライアントがおり、※参照1
クライアント毎に部署が分かれているため、どの配属先でも幅広い業務に携われるからです。※参照2
これも経営目標の1つである「All round player」を育成するため。※参照3
ここに魅力を感じてくれる仲間が集まってくれました。

2つ目は「出会った人が皆良い人だったから。」「とても丁寧に対応してくれて嬉しかったから。」
「初めての就職活動で不安な中、密に連絡をとってくれたから。」などという、「人の良さ。」
採用側が言うと嘘っぽく聞こえてしまいますが、うちの会社は本当に良い人ばかり!

採用は組織と人とのお見合いです。よく「採用は恋愛と一緒だ」とも言われていますが、
私たちは長期的な視点を持って採用しています。「その場そのときにいてくれたら助かる!」
という視点だけでしたら資格要件や経歴だけで採用できますが、
私たちはその人の人生をお預かりし、長い目で見てその人が輝けるかどうか、
という視点で求職者の方とお会いしています。
なので、その方を良く知るために何度も連絡を取りますし、
時には「あなたは○○へ行ったほうが希望に添えるよ」と敢えて言うこともあります。

このように入り口での意思確認をしっかり行うからこそ、
「良い人が多い」組織になっているのではないかと思っています。

以前はうちでの勤務を経て、独立開業する人も多かったですが、
今は平成会計社だからこそできる業務に魅力を感じ、長く勤めてくれるスタッフが増えました。
私自身も入社してから11年目を迎えてもなお、「長期的に平成会計社の仲間として輝いてくれる人」
というポリシーを忘れずに採用活動を行っていきたいと思っています。

今日から公認会計士論文式試験ですね!
受験生の皆さんは、残暑厳しい毎日ですが体調に気をつけて残り2日間も頑張って下さい!

D5A_3240

投稿日: 2017.08.25